FC2ブログ

≫ EDIT

春の訪れ!

赤いボケハナダイコンハナニラ
コロナ禍の折、いかがお過ごしでしょうか。まだ寒暖の差もありますが、三寒四温で少しずつ暖かくなってきているようで、春の足音を感じさせます。会館では正門入り口の右に「赤いボケ」(左)が枝もたわわに咲き出しました。その上の崖、坂道の左下に「ダイコンノハナ」(中央)がきれいな紫の花を付け出しました。暫くするとそれに負けないくらいの「ハナニラ」(→)の白い群生が咲き出しそうです。

白いボケハクモクレン
庭の正面花壇の後ろに「白いボケ」(左)が咲き出しました。離れの花壇の入り口に「ハクモクレン」(右)が満開です。ハクモクレンは足が速く数日で散ってしまうようです。

百合の新芽も出だして先々が楽しみです。さくらは予想ではだいぶ早く咲く予報もあるようです。少し蕾が膨らみ始めていますので、20日から下旬に見頃を迎えるのではないかと予想しております。バラも大分新芽も吹き、5月連休が楽しみに思えるほどです。桜とバラについては次回にお知らせいたします。

※写真をクリックして頂きますと画像が拡大されます。

| 未分類 | 14:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

会館再開のお知らせ!

長らく休館しておりましたが、3月2日(火)から再開することとなりました。
館内の部分修繕と展示品の更新をさせて頂きました。
皆様のご来館を心からお待ち申し上げます。

再開にあたりましては、コロナ禍の折、下記の事項の実施にご協力をお願い申し上げます。
●入館に際しては、備え付けの消毒液で消毒の上入館して頂きますようお願いいたします。
●入館に際しては、マスクの着用をお願いいたします。
●入館後は三密を避け、声高の会話はお控えください。
※なお、入館に際しては、券売機の操作は会館職員がさせて頂きます。

| 未分類 | 12:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月開館に向け準備!

1,2月と会館は閉館しております。3月の再開に向け諸準備を進めております。

21春剪定21春剪定2
21春剪定421春剪定3
2月6日(土)にバラの剪定が行われました。例年と同じく2月上旬です。開花の予測は5月の連休前後と思われます。冬の剪定はできるだけ樹高を低くとお願いしていますが、株が古いので新芽が出る枝がだんだん高くなってきています。株にもよりますが、ベイサルシュートが出るように思い切って詰めている株もありますが、神のみぞ知る分野でもあります。写真のように4人で1日がガリでした。

ADS_4237.jpgADS_4271.jpg
ADS_4279.jpgADS_4306.jpg>
今年も「京成バラ園芸」さんにお願いして剪定をしました。剪定後、株の根元に牛糞など肥料を埋め込んで頂きました。花後の肥料は一切かけておりませんので今回の剪定と肥料遣りが今年の花を決めると言ってよいと思います。夏の剪定はつるバラは手を加えませんが、冬の剪定では随分手をかけてくれていました。つるバラも年々大きくなりますので、今年は「ナニワイバラ」の花が楽しみです。白くて奥ゆかしいバラです。剪定後穴を掘って肥料を挙げていました。写真下左から2番目は新たに植えた4株です。

昨年は「プリンセスミチコ」「マサコ」、それに「ベルサイユのばらシリーズ」6株が仲間入りしました。今年は「離れの花壇」に殿堂入りしている「イングリッドバーグマン」「ナエマ」「ダブル デライト」それに「ボレロ」が加わりました。見ごたえが出るには2~3年かかりそうですが、先が楽しみです。

今年の桜の予想は開花が3月16日ごろと予測が出たようですが、見頃は20日~25、6日くらいでしょうか。寄る年波には勝てず木が傷んできていますので10本ほど伐採することにしています。古木の桜は今年が見納めになります。数年前から10数本若苗を植えてきていますので毎年少しずつ花をつけてくれていますが、古木と比べると見劣りがします。長い目で見てください。

食堂に今右衛門の陶器(紅茶セット)を少飾っていますが、安子奥様が保存していた陶器を空けることになりました。なかなか見ごたえのあるものもありそうなので、食堂に順次飾ってまいりたいと存じます。小耳にはさんだのですが、「ノリタケ」は今はほとんどスリランカで作られているそうですが、全部日本製です。今の食堂より少し賑やかになりそうです。

※さくらと陶器の写真は次回に乗せさせて頂きます。
※写真をクリックして頂きますと画像が拡大されます。

| 未分類 | 16:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バラの便り14

だいぶ寒くなってまいりました。今日は今年一番で真冬並みと言われています。お客様は平日は10名少々と大変空いています。音羽の山にお越し頂き大変ありがたいと存じております。少し風がありますので、枯れ葉落ち葉が雪のように舞っています。お客様のいない時に換気をしていますが、それでも天気が良いので「サンルーム」にいますとポカポカしていい気持ちになります。

20初冬 名称不明320初冬 プリンセスミチコ
今年も残り少なくなりましたが、まだきれいなバラが咲いています。秋バラで初めて咲いたバラで名前が不明です。きれいなピンクです。プリンセスミチコは同じくこの秋初めて咲きました。

20初冬 ドフトゴールド 220初冬 ゴールドバニー
まだきれいに咲いているバラ少しご紹介いたします。香りがよいこと残りのバラで一番です。「ドフトゴールド」前庭の花壇の一番左で咲いています。黄色のバラで今日あたりが最高の見頃です。つるバラは花が少ないのですが黄色い「ゴールドバニー」がきれいに咲いています。

20初冬 ピース20初冬 jfk20初冬 マリアカラス
正面の花壇に一郎の好んだ「ピース」。そのそばに「ジョン・F・ケネディ」が真っ白な花を咲かせています。今年は特にきれいにたくさん咲いてくれています。右の花壇に「マリアカラス」がピンクがかった赤の花をつけています。今日も電話で「マリアカラス」が咲いていますかと問い合わせがありました。人気のあるバラです。

他にもまだ数輪ずつですが20種類ほど名残ののバラが咲いています。

20初冬 鬼ユズ
21日は月曜で休館日ですが、冬至です。昨年はたくさん生ったのですが、「鬼ユズ」がすこし生っています。赤ちゃんの頭ほどありそうです。ご紹介だけさせていただきます。

会館のステンドグラスも有名で、アメリカのティファニーで学ばれた小川三知氏の制作によります。日経新聞のプラス1「なんでもランキング」に紹介され2位のランク付けを頂いたことがあります。中でも、一郎記念室のステンドグラスは今の時期(初冬)太陽が低い軌道で、午後3時くらいに西日が当たると宝石のようにキラキラ輝きます。写真には撮れませんのでご紹介できないのが残念です。今月終了までは天気が良さそうなのでお出かけ頂ければ目の保養になりそうです。

※写真をクリックして頂きますと画像が拡大されます。
※今年はこれでご紹介は終了です。12月28日(月)これから2月までは休館となります。3月2日(火)から再開いたします。3月の後半には桜が咲き出しいろいろな花が咲き出します。春バラは4月末に咲き出し、5月の連休明けから2週間ほどがバラの見頃になります。お楽しみいただけますとありがたいと存じます。コロナ禍の折、どうぞご自愛いただきよいお年をお迎えください。

| 未分類 | 14:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

臨時休館と年末休館のお知らせ!

先にお知らせいたしましたが、下記日程で臨時休館いたしますのでお間違えの無いようにご注意ください!
※年末の休館も併せてお知らせいたします。
               記
期   日:12月20日(日)、12月25日(金)
年末休館12月28日から休館、1月、2月は長期休館させて頂きます。
       来年は3月2日(火)から再開いたします。

| 未分類 | 09:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT